Karma(カルマ)
目覚めし者
Mage, Support
最近3日間の成績(※Challenger&Master Tier)
勝利
1246
敗北
1313
勝率
48.69%
Pick率
23.26%
Ban率
0.26%
Roleの割合(β)
Support: 86.83%
Mid: 7.31%
ADC: 3.52%
Top: 1.25%
Karma(カルマ)
目覚めし者
Mage, Support
Attack Power
Defense Power
Ability Power
Difficulty
Health
Health Regen
605 (+83 per level)
6 (+0.55 per level)
Mana
Mana Regen
424 (+50 per level)
9 (+0.8 per level)
Attack Damage
Armor
57 (+3.3 per level)
24 (+3.8 per level)
Attack Speed
Magic Resist
0.639 (+2.3% per level)
30 (+0 per level)
Movement Speed
Attack Range
335
525
790
3150

スキル

Passive
寄せ火(Gathering Fire)
カルマが敵チャンピオンにダメージを与えるたび「マントラ」のクールダウンが短縮される(通常攻撃の場合は効果が半減)。
Q
心炎(Inner Flame)
指定方向に精神の炎を解き放つ。敵ユニットに命中すると爆発して範囲内の敵に 80/125/170/215/260 (+ 0.6 魔力) の魔法ダメージを与え、 1.5 秒間 25 %のスロウ効果を付与する。

マントラボーナス - 魂の劫火: 追加で 25/75/125/175 (+ 0.3 魔力) の魔法ダメージを与え、炎の輪を発生させて敵の移動速度を ? %低下させる。炎の輪は1.5秒後に爆発し、範囲内の敵に 50/150/250/350 (+ 0.6 魔力) の魔法ダメージを与える。
射程: 950
コスト: 50/55/60/65/70マナ
CD: 7/6.5/6/5.5/5秒
W
魂縛(Focused Resolve)
対象の敵チャンピオンまたは中立モンスターと自身を鎖でつなぎ、真の視界を得て{{ effect1amount*0.5 }}(+ ? )の魔法ダメージを与える。 2 秒間鎖が破壊されなければ、敵は 1/1.25/1.5/1.75/2 秒間スネア効果を受け、{{ effect1amount*0.5 }}(+ ? )の追加魔法ダメージを受ける。

マントラボーナス - 魂の新生: カルマが失った体力の 75/150/225/300%(+ ? %)を回復する。効果終了時まで鎖が破壊されなければ、あるいはターゲットを倒せば、敵に与えるスネアの効果時間が ? 秒延長され、カルマは再度失った体力の 75/150/225/300%(+ ? %)を回復する。
射程: 675
コスト: 50/55/60/65/70マナ
CD: 12秒
E
激励(Inspire)
指定した味方ユニットにシールドを付与し、移動速度を 1.5 秒間 40/45/50/55/60 %増加させる。シールドは 70/100/130/160/190 (+ 0.5 魔力) の耐久値を持ち、 4 秒間持続する。

マントラボーナス - 信念の抵抗: シールドからエネルギーがあふれ、対象の味方が受けるダメージをさらに 60/140/220/300 (+ 0.6 魔力) 防ぐ。対象の周囲にいる味方チャンピオンにもシールドが付与され、最初の対象に与えたシールド耐久値の ? %にあたるダメージを防ぐ。 1.5 秒間、シールドを付与されたチャンピオン全員の移動速度が ? %増加する。
射程: 800
コスト: 60/65/70/75/80マナ
CD: 10/9.5/9/8.5/8秒
R
マントラ(Mantra)
カルマが次の8秒以内に使用するスキルに追加効果が付与される。

魂の劫火: ダメージが増加する。敵ユニットに命中するか最大距離に達すると炎の輪を展開し、範囲内の敵ユニットの移動速度を大幅に低下させるようになる。炎の輪は時間差で爆発し、再度ダメージを与える。

魂の新生: カルマの失われた体力の一部を回復する。効果終了時に鎖が断ち切られていなければ、敵に与えるスネア効果時間が延長され失われた体力の一部が再度回復する。

信念の抵抗: シールドが強化され、指定した味方ユニットの周囲にいる味方チャンピオンにもシールドが付与されて移動速度が増加する。
射程: 1100
コスト: コスト無し
CD: 45/42/39/36秒

ストーリー

カルマは何者にも屈しない意思と、果てしなき精神力を兼ね備えた女性である。
アイオニアの魂の象徴であり、戦場の兵を鼓舞する存在であるカルマは、仲間を守るだけでなく敵と戦うこともいとわない。
強靭なリーダーでありながら、伝統と革新という相反する価値観の狭間で苦悩するカルマは、アイオニアの平和を守る道を求めている――必要とあれば血を流してでも。

かつてのカルマは、アイオニアの小村で平穏な暮らしを送っていた。
老僧たちが治めるこの村で、人々は優しい魔法と平和主義の伝統を実践していた。
精神世界との繋がりが人一倍強かったカルマは、あくまで一人の霊媒師として村人に愛され、すべてのアイオニア人が求める悟りの導き手として身を捧げるために、こうした伝統を受け入れていた。

カルマの心の平穏が試されたのは、ノクサス軍がアイオニアを侵略してきた時だった。
平和的対話によってのみ、村は敵の暴力から救われる――そう訴える長老たちに対して、ノクサス人の非道な振る舞いをさんざん聞かされていたカルマは、公然と異を唱えた。
だが長老たちは、一点の迷いもなくカルマを言い諭した。
伝統を信じなさい、と。
やがて侵略軍が村に迫ると、長老たちは血を流さずに戦いを終わらせるべく交渉に向かった。
その惰弱な姿勢に憤慨したノクサス軍の将軍は、みずから老僧たちを殺害。
配下の兵に村の襲撃を命じた。

ノクサス軍が迫りくる中、村人たちは死を受け入れ、待っていた。
彼らは最後まで平和の誓いを貫くつもりであった。
しかし、カルマは違った。
彼女は新たなる道を見出したのだ、一つの命を犠牲にしてでも、より多くの命を救わんと決めたのである。
カルマは村人たちを救うために内なる力を呼び覚まし、その精神力すべてを解放した。
彼女の体からは精神の力が炎のごとく噴き出し、アイオニアの紋章たる双竜の姿を取ると、渦を巻きながらノクサス軍の将軍に襲いかかったという。
カルマはこのとき初めて、誰かを守るためではなく傷つけるために力を使ったのである。
それは彼女も含めて、誰もが見たことのない光景であった。
魔法が終息すると、将軍はカルマの目の前に崩れ落ち、兵士たちは散り散りになっていた。
カルマの力を恐れた敵軍は降参し、村人たちの命や伝統は守られたのである。

激しい戦乱の中で、カルマはアイオニア抵抗運動の強力な指導者となっていった。
しかし、ノクサス軍がアイオニアを去った後も、争いは止まなかった。
アイオニアは、報復を求める抵抗派の戦士たちと、超俗的な伝統への回帰を求める僧たちとの間で分裂してしまったのである。
だがカルマはそこに第三の道を見出していた――アイオニアが戦争中に発揮した力と、この国が今でも大切にしている平和の伝統とを結びつける道を。
そしてカルマは今、荒廃した祖国に揺るぎない平和を取り戻そうとしている。

「あなたの心は誰にも奪えないわ。
賢く使いなさい」
-- カルマ

動画